平家物語 - 高木市之助

平家物語 高木市之助

Add: pynixil64 - Date: 2020-12-07 18:48:44 - Views: 4440 - Clicks: 1645

高木, 市之助, 小沢, 正夫(1912-), 渥美, かをる, 金田一, 春彦(1913-) 岩波書店 7 図書 平家物語 : 波多野流節付語り本. 平家物語 (上) 高木 市之助 監修 / 久松 潜一 監修 / 山岸 徳平 監修 / 小島 吉雄 監修. 11501/100 公開範囲 インターネット公開(許諾) 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title) 平家物語. 組曲アルバム「平家物語」(三波春夫) パチンコ. 原典『平家物語』(年 - 、ハゴロモ) 歌謡曲. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 平家物語の用語解説 - 鎌倉時代の軍記物語。作者は諸説あるが,『徒然草』に記す信濃前司行長説が有力。成立年未詳。原作は鎌倉時代前期の承久の乱 (1221) 以前の成立で3巻と推定される。南北朝時代頃までに増補改修が行われ,6巻 (延慶本) ,12巻. 平家物語 木村次郎文 : 井上洋介絵 : 西尾実監修, 童心社, : 5. 平家物語 Format: Book Responsibility: 高木市之助, 冨倉徳次郎編 Language: Japanese Published: 東京 : 角川書店, 1957.

平家物語 著者 高木市之助, 沼沢竜雄 編 出版者 中興館 出版年月日 大正15 請求記号 平家物語 - 高木市之助 554-8 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 『高木市之助全集』 (全10巻 講談社 1976年-1977年) 『平家物語の論』 (講談社学術文庫 1977年1月) 共編著 編集 『平家物語』 (沼沢竜雄 中興館 1926年) 『万葉集』 (久松潜一 中興館 1927年) 『岩波小辞典日本文学 古典』(岩波書店 1955年). 平家物語 吉永昌弘編著, 明治書院, : 2. 平家物語巻第一 四部合戰狀本 并序第三番闘諍. この「源義経「腰越状」(『平家物語』巻十一による)」の本文は、日本古典文学大系33 『平家物語 下』(高木市之助・小澤正夫・渥美かをる・金田一春彦 校注、昭和35年11 月5日第1刷発行)によりました。. 平家物語 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ヘイケ モノガタリ — ヘイケ モノガタリ 責任表示: 高木市之助 ほか 校注 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1959. 平家物語の輪 / 高木市之助著 平家物語における文学的人間像の成立 / 西尾光一著 今昔から平家へ / 小沢正夫著 平清盛 : 平家物語における / 永積安明著 「平家物語はいかに読むべきか」に対する一試論 / 時枝誠記著. 20世紀日本人名事典 - 高木 市之助の用語解説 - 大正・昭和期の国文学者 九州帝国大学教授;上代文学会会長。 生年明治21(1888)年2月5日没年昭和49(1974)年12月23日出生地愛知県名古屋市学歴〔年〕東京帝国大学文学部国文科〔明治45年〕卒学位〔年〕文学博士経歴洲本中学時代、大内兵衛、川路.

平家物語 市古貞次校訂・訳, 小学館, : 6. 高木市之助『日本古典文学大系平家物語 下 33巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 6 形態: 411p ; 20cm 著者名: 高木市之助, 冨倉徳次郎 シリーズ名: 日本古典鑑賞講座 ; 第11巻 書誌ID: TK00017322. 平家物語 市古貞次校注・訳, ネットアドバンス, : 4. 平家物語 Format: Book Responsibility: 高木市之助 ほか 校注 Language: Japanese Published: 東京 : 岩波書店, 1959. 平家物語の論 ; 中世の窓 フォーマット: 図書 責任表示: 高木市之助著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 講談社, 1976.

平家物語 資料種別: 図書 責任表示: 高木市之助, 冨倉徳次郎編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 角川書店, 1957. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 増補 フォーマット: 図書 責任表示: 高木市之助 ほか 編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三省堂, 1977. 6 Description: 411p ; 19cm.

平家物語の形成 : 原平家のおもかげ: 永積安明著 源平闘諍録による平家物語古態の探求: 渥美かをる著 平家物語の仏教史的性格 : 行長原作説を疑う: 福井康順著 平家物語と新古今集 : 行長作者説の検討: 石田吉貞著 平家物語の語りと読みに関する試論. 平家物語 フォーマット: 図書 責任表示: 高木市之助 ほか 校注 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1959. 11 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 高木, 市之助 シリーズ名:. 平家物語の論 (1977年) (講談社学術文庫). 11 Description: 2冊 ; 22cm Authors:.

『平家物語下』(高木市之助・小澤正夫・渥美かをる・金田一春彦校注、昭和35年11 平家物語 - 高木市之助 月5日第1刷発行)によりました。 この本文の底本について、上記の『平家物語下』の凡例に、次のようにあります。. 平家物語 : 延慶本 フォーマット: 図書 責任表示: 川瀬, 一馬; 高橋, 貞一(1912-) 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大東急記念文庫 東京 : 汲古書院 (発売),. 全国平家会 脚注. 11 形態: 2冊 ; 22cm. cr平家物語(豊丸産業) - リーチ時に冒頭部分が背景として登場する、予告に琵琶法師が登場するなど。 その他. 平家物語 古川日出男訳, 河出書房新社, : 3. 増補 Format: Book Responsibility: 高木市之助 ほか 編著 Language: Japanese Published: 東京 : 三省堂, 1977.

揃2冊(上下) A5判 再版 471 504頁 函 圧迫痕アリ 保存並 / 刊行年 : 1973/04/20 (s48) / 出版社 : 岩波書店. 平家物語享受史年表: p305-498 平家物語平曲研究文献目録増補: p571-651: 著者標目 高木, 市之助 永積, 安明 市古, 貞次(1911-) 渥美, かをる 件 名: ndlsh:日本文学 ndlsh:平家. 主な検索結果をスキップする. 4 形態: 9, 651p, 図版2p ; 22cm 著者名: 高木, 市之助 シリーズ名: 国語国文学研究史大成 ; 9 書誌ID: BN02849873. 日本古典文學大系 高木市之助校注 昭和34 年初版初刷 岩波書店 平家物語. 『高木市之助全集』 (全10巻 講談社 1976年-1977年) 『平家物語の論』 (講談社学術文庫 1977年1月) 共編著 『平家物語』 (沼沢竜雄 中興館 1926年) 『万葉集』 (久松潜一 中興館 1927年) 『岩波小辞典日本文学 古典』(岩波書店 1955年). 平家物語覚一本とその伝承 / 笠栄治著 本文研究の立場からみた平曲史の一問題点 : 屋代本と一方・八坂流をめぐって / 山下宏明著 平家雑感 / 高山樗牛著 平家物語の形成と本質 / 谷宏著 平家物語の輪 / 高木市之助著 平家物語における文学的人間像の.

『高木市之助全集』 (全10巻 講談社 1976年-1977年) 『平家物語の論』 (講談社学術文庫 1977年1月) 共編著 『平家物語』 (沼沢竜雄 中興館 1926年) 『万葉集』 久松潜一 中興館 1927年) 『岩波小辞典日本文学 古典』(岩波書店 1955年). 検索結果 53 のうち 1-16件 本: 高木 市之助. 平家物語 フォーマット: 図書 責任表示: 高木市之助, 冨倉徳次郎編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 角川書店, 1957. 平家物語 / 高木市之助 ほか 校注 Format: Book Reading of Title: ヘイケ モノガタリ — ヘイケ モノガタリ Language: Japanese Published: 東京 : 岩波書店, 1959. 愛知県立大学国文学研究室内高木市之助先生文学碑建設委員会 1977. 平家物語 フォーマット: 図書 責任表示: 水原一校注 出版情報: 東京 : 新潮社,形態: 3冊 ; 20cm ISBN:上中下).

平家物語 - 高木市之助

email: uxykomul@gmail.com - phone:(842) 901-1239 x 3215

”かわいい”の魔法にかかる 夢色プリンセス塗り絵 大人の塗り絵シリーズ - たけいみき - 文章題編 粟根秀史

-> がんや難病を治す遺伝子治療 - 小沢敬也
-> みんなが欲しかった!電験三種 機械の教科書&問題集 - TAC出版開発グループ

平家物語 - 高木市之助 - サブリナ 砂漠に誓う愛 フィリップス


Sitemap 1

フランス料理13章 - ドミニク コルビ - 年生でつまずかないための弱点チェックドリル